東京中医学研究所/スッタフのご紹介

「推拿は哲学であり、芸術です。」
【孫維良(そんいりょう)所長】

孫先生HP1

 

 

 

 

 

 

孫維良(そんいりょう)
1954年11月17日中国天津生まれB型
東京中医学研究所所長
臨床中医推拿塾塾長
天津中医薬大学助教授
城西大学講師

1987年、東京中医学研究会の招きで来日、
以後、推拿の普及と日中の医学交流に尽力。
テレビ、ラジオ出演の他、新聞・雑誌掲載、著書多数。

芸術性の高い推拿手技の技術と、
様々な人生経験から発せられる言葉は、
あらゆる優れた妙薬と同等かそれ以上である。

 

「推拿は人生そのものです」
【信長正義(のぶながまさよし)副所長】

_MG_1145

 

 

 

 

 

 

信長正義(のぶながまさよし)
1964年7月25日広島県生まれ O型
東京中医学研究所副所長
臨床中医推拿塾副塾長
すいな健康院院長

1998年 師匠である孫維良との出逢いにより、
志していた音楽活動から転身し推拿の道に入る。
2000年3月 臨床中医推拿塾第2期修了、
その後4月より弟子入り、2001年4月東京中医学研究所に入所。

2006年1月独立、東京都中野区にて『すいな健康院』開業。
2016年5月末、都道の拡張計画に伴う移転を機に、
6月より東京中医学研究所に復帰。

【適応の改善得意分野】
医療機関で改善しない膝、股関節、肩などの関節痛
心因性の症状
自律神経の不調

この道20年目、推拿にも孫先生にも深いご縁と感謝を感じています。
身体を整えるのはもちろんですが、心の状態、気の状態を善くすることで、
心身が健康になることに一番魅力を感じます。特に、気の力『功力』を
意識しとり入れて施術しています。それは、自分が緊張しがちな性質で
身体にも負担をかけてきた経験があるため、自分の心と身体を善くする
ために、出逢い身に着けてきたものなのだと思います。長年の心身の
不調を抱えている方は、「元気を出す全身推拿」120分コースを
選んでいただくことをお薦めします。心の叫びである身体の不調を、
根本から改善したい方との出逢いを望んでおります。 信長正義

 

 

 

「2020年6月までに独立開業を目指してます!」
【淡路浩之(あわじひろゆき)】

 

 

 

 

 

 

淡路浩之(あわじひろゆき)
1990年6月12日千葉県生まれ

母がピアニストで頭痛・肩こりに悩まされていため、小学生のころから、
演奏会から帰ってきた母の肩をもむのが習慣になっていました。
中学生のころにはもっとうまくほぐしたいと、
按摩通いをしていた母のアドバイスを参考に、
どうしたらうまくほぐせるか自分なりに研究していました。
それで按摩を一生の仕事にしたいと思い、祖母が孫先生と知り合いだったことから、
高校卒業後すぐ先生の弟子にしていただき塾に参加しました。
2012年からスタッフとして務めています。

<他のスタッフから見た特徴 >
とにかくこの仕事が好きで、いつも一生懸命。
おばあちゃん子で育ったためか、とても優しく穏やかな性格。
手の筋肉が厚く、力強くも柔らかい治療ができる。

 

「一人ひとりに合わせた施術を提供します。」
【喜友名 愛美 (きゆな あいみ)】

 

 

 

 

 

 

喜友名愛美(きゆなあいみ)
1985年4月21日沖縄県生まれ

鍼灸あん摩マッサージ指圧師
アロマセラピスト
沖縄県立芸術大学陶芸コース卒業後、
カヌチャベイリゾートホテル『カヌチャスパ』でアロマトリートメントに携わる。
人の体に触れる仕事をより深く学ぶため、上京し東京衛生学園専門学校に進学。
整形外科勤務と羽田空港で数多くの方のお体を触り、手の感覚を養ってきました。
専門学校卒業後、中医臨床センターで鍼灸の臨床を積む中、推拿を指導されている孫所長に出会う。
「手だけで人を救う」本来求めていた学びを深めつつ、中医学を活かしてツボに効かせた推拿を行う。
アロマトリートメント、鍼灸、推拿、足つぼのすべてのメニューを担当する。
一人ひとりにあった施術を、お話ししながら一番最適な施術を選んでいきます。
どうぞお気軽にお声掛けください。

 

「〇〇〇〇〇〇〇〇」
【○○○○(〇〇〇〇)】