実際に体験された患者様の声を掲載しております

患者様の声

体験14 豊島区在住 40代男性 磯崎 則利さん

ずっと取れなかったコリがとれました。

昔から凝り性でしたね、小学生の頃から。先生の施術を受けてからは嘘のように凝らなくなりました。
20歳からマッサージに通い詰め、ゴルフやジムの筋トレに行った翌日は常に後頭部のつけ根に違和感がありました。常に腫れていると言うのが一番近い表現ですね。首が回りにくく、頭は常に重たく不快感があり、時にはコリ特有の吐き気を催していました。
週一は鍼に通い、そしてゴルフ、ジムの後は必ず整体へ。マッサージが趣味でしたから。良い状態は、持って一日でしたね。どこも一緒で大抵やってもらったその瞬間は良いんですよね。

紹介でこちらを訪れ、先生の施術を受けたのですが、不思議なことに一度の施術で30年以上持っていたその後頭部の違和感、腫れが取れました。今まで被っていた帽子がブカブカに。腫れが取れて頭の形が変わったのでサイズも小さくなったんでしょうね。頭がえぐれた感じ。

先生にやってもらうと、2週間は平気です。他と全く違うのはわかるのですが、一体何が違うんでしょうね。首だけでなく、全身劇的に凝らなくなりましたね。口癖だった「凝った~」はもう言わなくなりました。いやぁ、本当にとっても不思議です。

体験13 奥さんの手紙 N.Kさん

今回は患者さんの奥様から頂いた、お礼の手紙をご紹介いたします。

妙手回春
七年も前のことです。 夫は胃がんの早期発見、即入院で摘出手術に成功しました。二週間で退院後、お医者様のご指示に従い時々の通院に加え、栄養士のご指導も受けながら自宅で療養し、夫の体は順調に回復を見せてくれました。喜びました。

ところが突然思いがけない病魔に襲われました。夫の口の中に唾液が全然出なくなり、口中乾燥し我慢できない程の苦しさでした。
到底耐えられる苦しさではなく、救急車で病院に運んでもらいすぐ輸液して、それ以降70分かかる点滴が日課になりました。
水を常に口の中に少しずつ含ませ、夜には睡眠を取れるようガーゼに水をたっぷり浸して唇に当て、口の中の乾燥状態を少しでも緩和出来るようにしていましたが一向に良くなりませんでした。

お医者様も頭を抱え”前代未聞”とぶつぶつ言いながらもこの症状に関係ありそうな院内各科で色々検査しましたが原因が分からず、転院も考え始めたようでした。夫の状態が段々酷くなり、本人が話しても発音が時々はっきり聞き取れないような苦しさは、傍で看病している人も胸が締め付けられるような、言葉で表現できない程の苦しさでした。

その時、夫の友人である中医の孫維良先生に相談しようと思いました。

東京市ヶ谷にある『東京中医学研究所』所長の孫維良先生は、中国で有名な天津中医学院大学教授、日本城西大学でも教鞭を執っている方です。中医の視点で何らかの方法があるかもしれないと思い、思いきって孫先生を訪ねました。孫先生は大変忙しい中、快く話を聞いてくれまして、「これはめったにない稀症だね、僕も初めて聞いた。効かないかもしれないが、取り敢えずやってみよう!!」と診察し始めました。口の中を丁寧に観察しながら色々問診して手で中医特意のツボを探し当て、「これかなぁ!」と独り言で按摩を始めました。

何秒も経たないうちに突然夫が大声で「あ!出た!」「水が出た!」と言い、嬉し涙を流しました。瞬間に病魔を退治しました。傍にいる人達も思わず目に涙でした。

この出来事は物語ではありません。

これは中国伝統医学論理を実際に用いた孫維良先生の精粋医術業績で他の誰にもできないことです。
私達はその神業で夫を死の淵から呼び戻してくれた先生の『妙手回春』にただただ感服し、胸が一杯で先生への感謝の言葉は今でも見つかりません。

もし、この下手な文で中国伝統医学論理の偉大さと、この論理を自由自在に使いこなせる先生の腕の素晴らしさをお伝えできたら、それを私から先生への感謝の言葉にします。
謝謝!

体験12 杉並区在住 女性 H・Mさん

先生のお陰でこうして痛みがなくなって、これから楽しいことが始まる、そう実感しました。

こんなに即効性があるなんて。以前撮った写真を見ると映っている自分が辛い格好をしているんですよね。こちらを友人から紹介していただいて来る前に、実に色々な治療を試しました。鍼も、全盲の先生のところにも。でもどこもダメ。脊柱管狭窄症で強い痛みとしびれを患い、駅まで行くのに3回は休む、電車は立ってなどいられず、駆け足で座席を確保する、仕事はもちろんのことキッチンに立つ短い間さえ辛かった。

孫先生の治療は呼吸ができないくらい痛かった。もう勘弁して、と何度も思いました。1回目の治療が終わってもまだ痛かった。それが一晩寝た後、昨日より良くなっている。3日、4日経つとどんどん良くなっている。2回目まで行きも帰りも痛みは同じ感じでした。それが3回目から痛みが取れ、6~8回で痛みが完全になくなりました。正確に痛みがいつ取れたか忘れるくらいでした。今は体操も欠かさず、全く良いです。

新たに素敵な靴も買い、楽しんでいます。前向きになりましたね。以前は一日中仕事をしていましたが、今は途中休憩を入れるようにして体に負担にならないように配慮しております。外国も、美術館も、もう行けないかとすごく悲しんだこともありました。でも、先生のお陰でこうして痛みがなくなって、これから楽しいことが始まる、そう実感しました。元気でないと何も始まりませんね。頭も回らない、顔も明るくならない。そうすると、人も集まらない。本当に、健康が一番。辛い痛みに悩まれていらっしゃる多くの方にご紹介したいけれど、「自分が本当に行きたいわ」という、本当に良くなりたいという気持ちがないとダメですね。
そういう方にご紹介したいと思っています。

体験11 茨城在住 30代女性 N・Mさん

苦しんでいる人にこそ孫先生にお願いしてみてと周りに勧めています

孫先生に初めてお世話になったのは5年前の交通事故がきっかけでした。
信号待ちで停車中に時速60キロでノーブレーキで追突され、救急車で搬送されましたが画像診断では特に異常はなく頚椎捻挫という診断でした。

ところがその事故から寝起きに首の中でバキバキと怖いような音がするようになり、また常にふわふわとするようなめまいも酷くなりました。それに伴って肩こり頭痛も悪化していきました。

そこから整形外科・接骨院などを転々としていましたが全く良くならず、それどころかむやみに力を加えるだけのマッサージなどでめまい・頭痛・倦怠感など悪化する一方でした。

途方に暮れていた頃、雑誌で好きだった作家さんが、やはり職業病で首の痛みで苦しんでいたのを孫先生の施術で治り元気になったという記事が掲載されていて、私も早速孫先生に診療をお願いすることにしました。

初めての孫先生の施術で驚いたのは次の日でした。背中が痣だらけだったのですが全く揉みかえしがなかった事です。今までのマッサージや接骨院の治療のあとは必ず揉みかえしが来て痛みが悪化し、頭痛や酷いとめまいで寝込んでいました。ところが孫先生の施術の後は傷みなど全くなく、まず目が覚めてすっきりと目覚め、日に日に体調が良くなっていくのを実感できました。

2度目の施術では痣はできませんでしたが、背骨・首・肩など全身を施術していただきました。やはり揉みかえしは全くなく施術のあとは本当に体が軽くなっていきます。2度目の施術での後で孫先生に枕を勧めていただてその枕は孫先生に矯正して頂いた状態を維持するのをサポートするということでそれからずっと愛用していますが( ほかの枕では眠れず入院先にも持参するほどです) その枕のお陰もあり今では月に1・2度のメンテナンスで通うのみで( 時には季節で悪化することもありますが、その場合はペースを上げて施術をお願いしています) ほとんど首の痛みもなく、あれほど辛かっためまいも起きなくなっています。

そしてこれは最近の出来事ですが、私はもともと緊張しやすい体質で胃弱・そして、卵巣のう腫の持病があり孫先生の施術の日いつものように卵巣あたりの下腹部に激痛がありました。ところが孫先生にお腹に施術していただいた後の帰り道痛みが消えていました。そして何度かお腹に施術していただいて漢方薬の薫蒸で温めていただいている内に卵巣のう腫の経過観察でMRIを撮る事になったのですが4cm近くあったのう腫が消えていました。孫先生は「偶然でしょう」とおっしゃていましたが5cmを超えたら手術と言われていたので私は孫先生のおかげだと思います。

また私の父も一年以上肩と腕の痛みに苦しんでいましたが、孫先生に父もお願いした所1度の施術であっさり痛みが取れて驚いて今までの苦しみは何だったんだと喜んでいました。

苦しんでいる人にこそ孫先生にお願いしてみてと周りに勧めています。痛い時こそ本当に孫先生の技術が本物だということが実感できるからです。

体験10 豊島区在住 70代女性 河村 幸子さん(以下敬語略)

対談形式で患者様のお声をご紹介いたします

河村
膝のこの治療、前痛かったのに、今痛くないですね。
こちらの仕事は痛みを探す、悪いところを見つける事ですからね。痛くない場合はこちらに来る意味ないですよ。今体操はできますか?
河村
今は全部できます。
皆驚いたでしょ、体操の先生のお陰よ。
河村
孫先生のおかげです。
いいや、体操に行きたくてこちらに来て治ったから、体操の先生のおかげですよ。
河村
そうですね。だけど、どこでも治らなかった。私は注射しなかったけど、何週間おきにコラーゲン入れる人も何人もいますよね。
それで、良くなった?
河村
分からない。良くなったような気がする人もいるけど、その時だけね、期間が過ぎたらダメじゃないですかね。
膝は命ですね。
河村
そうですね。歩けなくなったら困るもんね。でも2、3回目までは本当に痛かった。それからぐっと良くなった
痛いところを破壊しないと治らないですからね。2、3回で痛くて来なくなる患者さんいるよ。
河村
痛いから治るのよ。痛くなければ来なくていい、痛いから治してもらおうと来るのよ。
中国で諺ありますよ。この治療を信じない人に治療したらいけない。
河村
初め、どんなことをされるか心配で怖かったんですよ。骨ボキボキやられるか。痛いところ5回くらいやられてだんだん痛くなくなってきて、最近ではあと2回我慢したら痛くなくなるとか分かるんですよ(笑)
河村さんの良さは粘り強いところね。
河村
そうね。そうすると痛みがなくなる、とける。
私ずっと、電気治療行ってたの。スポンジ濡らしたの付けて、タイマー8分、整形外科。一日おき位通ったけど、ちっとも良くならないから。
雑誌社の知人に教えられて娘が知ってて、その人のお父さんが良くなったからって聞いたから行ってみる?って。私は怖いから、お父さんは行ってみろと言って。
藁をも掴む気持ちでね。
河村
IMG_2452首が上がらなくなったのがここに来たきっかけ。寝るときも起きる時も辛かった。娘が そりゃ困ったって。行こう行こうって。どう寝ようか、どう起きようか。その時は夜中の2時に目が覚めて、トイレに行くとその後、眠りたくないんですよ。リビングのリクライニングで夜明けを待ちましたね。
娘が良かったねーって喜んでましたよ。娘に歩く姿を見せに行きましたよ。孫もおばあちゃん、良かったねって喜んでましたよ。
もし車椅子だったら大変でしょ。
河村
そう、自分の足で歩いてね。家族に迷惑掛けられない。お父さんが、一万円札膝に貼ってても治らないって。生きたお金を使うんだってね(笑)
賢いですね。ご主人、発想いいね。

体験9 東京在住 28歳 キアラ・ドナーティさん

1回目から歩けるようになり、合計4回の治療で完治できました

以前から腰痛があり、他の病院でペインキラーやコルセットを勧められて使用していました。使用したその時は少しだけ良くなるのですが、又すぐに腰の痛みが再発していました。

先日職場で重たいものを持った時に、歩けなくなるほどの激痛が腰に走り、整形外科へと向かいレントゲンを撮って診断したところ
「腰椎の分離症、もう少しですべり症になる可能性がある」 と言われて痛み止めの薬を貰いました。「状況を見て悪くなるようだと他の治療や手術もあるので考えましょう」と言われ怖くなり、最悪の場合はイタリアへ帰って病院へ行こうと思っていました。

職場の先輩から、孫先生に診てもらったら?と紹介を受け、その足で研究所に行きました。先生に大丈夫よと言われ、お尻のあたりを治療されて涙の出るほどの痛みでしたが、1回目から歩けるようになり、合計4回の治療で完治できました。次からはストレッチなどを行い、体を大切にして痛くなる前に先生の所に行こうと思います。

体験8 筑波在住 30代女性

たった一週間で首・肩の痛みがほとんど消えて驚いています

体験7 群馬在住 40歳女性

hasegawa孫先生のおかげで現在は楽しく育児をすることができています

待望の第一子を出産後、1か月ほど経ったころに、足のすねに筋肉痛のような違和感をおぼえました。それがだんだん痛くなり、ふくらはぎまで痛みが広がっていきました。足のむくみや足首の関節の痛みなどもあり、歩行も困難なほどになってしまいました。病院では血液検査や血流、超音波、MRIの検査などをしましたがどれも異常がなく、治療の仕様がありませんでした。

そこで、以前ひざを痛めた時からお世話になっている孫先生に診ていただいたところ、産後病だと言われ、必ず治るからと励まされながら施術が始まりました。週1回の施術を2か月ほど続けたところ少しずつ痛みが治まってきました。約4か月後にはむくみや足のこわばりもすこしずつなくなりました。半年後には簡単な家事ができるようになり、歩いたりしゃがんだりすることもずいぶんできるようになりました。

10か月後の現在は、足の指先にまだ少しこわばりがありますが、歩行や階段の上り下りの様子は誰にも気づかれない程度に回復しました。1年前には自分の身体がどうなってしまったのだろうと不安で仕方がありませんでしたが、孫先生のおかげで現在は楽しく育児をすることができています。本当にありがとうございました。

体験6 東京都在住 42歳 方慶紅さん

首の形がよくなる根本治療をしてくれたのは孫先生の推拿でした

ある朝起きると、首が痛くて動かすことができなくなっていました。整形外科に行くと頚椎椎間板ヘルニアと診断されました。注射と飲み薬の鎮痛剤をもらい、リハビリも行いましたが、痛みがとれず孫先生をたずねました。

孫先生に一日おきに施術してもらったところ、3ヶ月で痛みがとれて可動域が広がり、改善しました。レントゲンでも孫先生に施術してもらう前には頚椎がストレートネックというより、後彎に近い状態だったのが、3ヵ月後には前彎が少し出てきたのがわかります。

やってもらったときはいいんだけど・・・という治療院はいくつも行きましたが、首の形がよくなる根本治療をしてくれたのは孫先生の推拿でした。ありがとうございました。

体験5 東京都在住 西村 浩利さん

本当に感謝しています。ありがとうございました。

中国料理を作る時には重い鉄鍋が欠かせません。片手でふることも多いので、どうしても同じ側の腕から手にかけて負担がかかります。ある日、朝起きると左手が痛くて痛くて動かす事ができなくなっていました。疲れがたまっていたとは思いますが、こんなに急に痛くなるものだとは思っていなかったのでびっくりして、すぐに整形外科へ行きました。

整形外科では痛み止めの飲み薬と湿布を処方され、仕事を休んで治るのを待つようにとの指示がありましたが、仕事を休むわけにはいかないので途方にくれていました。そんな時、孫先生を紹介されて治療院をたずねて治療を受けました。先生はやさしいですが、その治療の痛かったこと!!

しかし驚くことに、ポケットからライターが出せないくらい痛かったのが、痛みはあるけれども、その日に鉄鍋をふることができるようになったのです。これで仕事を休まなくてすむと、心が明るくなりました。

しばらく週2回通い、仕事は手首にバンドを巻きながらやりましたが、半年後には痛みが完全に治りました。それからはバンドもやめましたが、少し疲れがたまって痛みが出そうになると、すぐバンドをすれば悪化せずにすむようになりました。孫先生の施術は、痛みの原因となる動きを休んで安静にしなくても、その場しのぎの痛みをとるだけではなく「治療」をしてくれていたんだと思います。本当に感謝しています。ありがとうございました。

体験4 東京都在住、53歳 関根裕子・当所内足つぼスタッフ

痛い腱鞘炎+痛い施術=痛くない!?!?

孫先生の東京中医学研究所内で足つぼの施術を8年ほどしています。ある日、台所で洗い物をしていた時突然、「あ、いたたたたたたっ!!」手首が上下左右1ミリも動かず強烈な痛みが走りました。 目の前にいらした孫先生におそるおそる手を出すと、それよりもっと痛い治療をされ、「ギャーーーーーー!!」たったの3分でした。その後痛みはケロリ!

その後5人の方の足つぼを施術しました。早退もできず・・・。従業員なのであえて実名で!

体験3 東京都在住、71歳 岩谷琢哉さん

坐骨神経痛で推拿治療を受けて

2月18日夜、右腰臀部に痛みを覚え、翌日には痛みが増して、右足に体重をかけると右腰臀部に激痛が走り、歩行困難となりました。自宅で安静にしていましたが、痛みは衰えず、逆にますますひどくなったため、整形外科で診断を受けると、坐骨神経痛と診断されました。そこで電気治療や服薬等々の治療を受けても、病状は回復の兆しがなく、悶々とした日々が過ぎた丁度その矢先に中国式推拿(すいな)療法が有効との紹介を受けて、2月24日に東京中医学研究所を訪問しました。

病床にうつ伏せになった私に対して、孫先生は右腰臀部を梨状筋に沿ってぐいぐいと指圧され、最も痛い個所に指が押し込まれ、その時にはうめき声をあげるくらいの激痛を感じました。更に、右足ふくらはぎの外側の部分の筋肉をほぐすなど20数分間の推拿によって梨状筋の捻じれが少しは正常な位置に戻った(と思われる)ため、今度は仰向けになって右足を持ち上げると、治療前よりも高々と持ち上げることが出来、痛みも相当緩和されました。病室をそっと歩いてみると今まで腰を曲げて、びっこを引いて歩いていた時よりもはるかにまっすぐに歩け、改善の兆しが見えてきました。しかし、梨状筋の一部に炎症があるため、痛みはその時点では残っていました。

そして3月8日に受けた4回目の治療では右腰臀部の辺りをぐいぐいと押されても何の痛みも感じず、この時点で完治したと宣言され、これで卒業したといわれたときは全く先生には感謝の気持ちで一杯になりました。発症当時の激痛で立ち上がることもできない状況からここで治療を受けて2週間ほどで完治したことは驚異的な威力を見せ付けられた思いです。

10年以上の競技ダンスを続けて、激しい運動に耐えてきた腰部がここにきて悲鳴をあげて、ちょっとしたきっかけで急性的に発症してしまいましたが、すぐに治療に入ったため、飛躍的な回復を成し遂げることができ、これからも競技ダンスを楽しめる身体になっていることを今一番幸せに思っています。

体験2 茨城県在住、65歳男性

今では右足の親指の麻痺も軽減し、歩行時の違和感もなくなりました

私は朝のラジオ体操と1時間のウォーキングが日課でした。また、ショッピングセンターへ行くと、本屋で立ち読みをしていました。ところが、あるときから立ち読みをしていると右の腰から足が痛み出し、なぜ痛むのか思い当たる原因がなく、痛みが出るとベンチで休み、痛みが解消するとまた読み始めていました。しかし、昨年の5月末頃から痛みがひどくなり、5分も立っていられなくなって、ベンチで休む時間が長くなりました。そのうち、立ち読みを始めるとすぐに痛みが出て、立っていられない状態になりました。

ウォーキングも休み休みしていましたが、腰が痛む間隔が短くなり、できなくなってしまいました。それでも立っているより歩いている方が痛みは軽く、日常生活にはとくに支障はありませんでした。ところが、6月9日朝、ベッドから起きあがろうとしたら、右腰から右足親指の先まで、今まで経験したことがない激痛が一瞬走りました。その痛みが残存し続けている感覚で、しばらく横になっていました。立ち上がって歩こうとすると右足親指が麻痺しており、その部分は風船を踏むような感覚で、歩行が変な感じでした。何か大変なことが起きているように思われ、ベッドに横になっていると、腰のひねり具合で激痛が走り、またその激痛がやってくるのではないかとの恐怖感に襲われました。

今まで腰痛で接骨院に通ったことはありましたが、この激痛は大変な事態で、様子を見ている場合ではないと思い、すぐに整形外科を受診し、レントゲンやMRI検査の結果「腰部脊柱管狭窄症」と診断されました。そしてこれは老化現象で、コルセットは筋力を低下させるため使用しないほうが良く、痛みが我慢できなくなり、歩行が困難になったら手術しかないが、完全に治らずに障害が残ることもあると言われました。

現状では痛み止めで様子をみましょうとのことで、3種類の薬が処方されました。しかし、その薬を飲んでも、痛みは軽減されず、逆に胃の調子が悪くなり、1週間後の受診以降、通院、服薬ともやめました。ベッドに横になる生活で、激痛と激痛の恐怖感で途方に暮れ、死んだほうがましだと思うようになりました。

そんなとき、千代田区に住む娘にすすめられ、7月11日、孫先生の治療を受けました。筋肉と骨を調整してくれるのですが、先生の手が触れる部位が痛くて、うめき声を出し続けていました。30分の治療が終わって先生に「歩いてみてください」と言われ、おそるおそる立ち上がって歩いてみると、あの激痛が嘘のようにピタリと止まり、普通に歩けたのです。その後、週に1度の治療を4回受けると、ラジオ体操や15分くらいのウォーキングができるようになり、本当に「先生の手は神様の手」だと不思議に思いました。しかしその秋、病気を忘れて庭の草取りをして痛みが再発してしまいましたが、また孫先生に治していただき、今では右足の親指の麻痺も軽減し、歩行時の違和感もなくなりました。

みのもんたさんが私と同じ病気で、成功率70%の手術をされましたが、私は先生とのご縁で何のリスクもなく治していただき、本当に感謝しております。ありがとうございました。

体験1 横浜市在住 56歳女性

今では大好きな絵も楽しくかけ、生きる意欲も与えていただきました
私が先生を知るきっかけは主人でした。突然右の利き腕がまったく上がらなくなり、上司の方の紹介で先生を訪ね、わずか2回で痛みも取れ使えるようになり、3回目で完治!長年交通事故のむち打ち症で病んでいた私に(正確に言えば8年間、良いと言われればすぐにあちらの治療院、整体、鍼、カイロ、ゲルマ、温浴とあらゆるところへ行きましたが完治はしませんでした)、お母さんも行ってみたら治ると思うよ!?と・・・

そして2007年12月13日に伺い、先生に見ていただき、先生の診断に涙!(先生はまるでレントゲンのように私の身体の痛む箇所を次々と診断、よく今まで我慢したね!とのお言葉)、それから通院が始まりました。自宅からドアトゥトアで2時間弱、初めの月は3、4日おき、1月には週1回、2月、3月、今、5月は月1~2回で(わずか6ヶ月)完治とまではいきませんが、80%近くは良くなりました。これからも、定期健診のつもりで通院するつもりです。

今では大好きな絵も楽しくかけ、生きる意欲も与えていただき、心の中まですっかりクリアー。孫先生に感謝です!ありがとうございました。そしてこれからも宜しくお願いします!

睡眠時間も4~5時間、痛い時は朝まで眠れず、今は朝起きた時の痛みもなく、長時間睡眠、食べるより寝たいとまで・・・!たくさんのパワーを頂いています! 足取りも軽く、これからも市ヶ谷へと・・・!市ヶ谷までは本を読んだり、語学の勉強が出来たり、あっという間に着いてしまい、帰宅時も車中も有効活用です!That’s OK!
5月は大好きなバラのシーズン、小さな庭の手入れも楽しみです!