本当に効果のある手技を学びたい方に臨床中医推拿塾 中医学研究所
トップページ 講師紹介 コース・費用 1日セミナー 受講生の声 Q&A 所在地 お問い合わせ
講師紹介

講師紹介 孫維良(ソン・イリョウ)

1954年、中国・天津で生まれる。17歳のときに中国推拿名医の天津中医学院の胡秀章教授に師事し、内功点穴を学ぶ。天津中医学院を卒業後、同第一附属病院の推拿科医師になる。その傍ら、全国スポーツ大会のトレーナーやラジオ・テレビの健康番組を担当するなど幅広く活躍。87年に中華医学会会員になり、同年東京臨床中医学研究会の招きで来日。来日後は城西大学で推拿及び気功等を教え、国立リハビリセンターや各地の臨床家等を対象に推拿療法の講演を多数行う。さらに雑誌寄稿やテレビ出演により中医学の普及に努める。95年、東京中医学研究所を開設し、天津中医学院客員助教授として日中の医学交流にも積極的に取り組む。97年、臨床中医推拿塾を開講。2000年、日本文化振興会より社会文化功労賞受賞。
【主な著書】『中医正骨・推拿』『中医正骨実技』『実用推拿療法』『内科の推拿療法』(エンタプライズ)、『分筋・理筋推拿によるスポーツ障害の治療法』(医道の日本社)、『ひとりあんま』(ダイヤモンド社)、『漢方養生訓』(二玄社)など臨床家対象の著書の他、一般の人にもわかる中医学関連の著書多数。
講師紹介 信長正義(のぶなが・まさよし)

1964年広島県生まれ。東京中医学研究所副所長、臨床中医推拿塾副塾長。 2000年臨床中医推拿塾第2期修了後、孫維良に弟子入り、東京中医学研究所に5年間勤務。2006年2月、東京都中野区にて『すいな健康院』独立開業。2016年5月、都道中野通りの道路拡張計画に伴う移転を機に東京中医学研究所に副所長として復帰。推拿施術と育成を軸に日本における推拿療法の普及に尽力中。
講師紹介 盧樺(ロ・カ)

1963年上海市生まれ。中国上海中医薬大学卒業。元上海医科大学附属同仁病院・元上海中医薬大学附属岳陽病院中医整形外科鍼灸科医師。大学附属気功研究所医学気功師。一指禅推拿を代表して講演活動もおこなう。オリエンタル気功整体院院長。
講師紹介 望永航史(もちなが・こうし)

1971年中国山東省青島出身。山東中医薬大学卒業(中医学と西洋医学両方を学ぶ)。武術家、中医学医師、西洋医学(外科)医師、医学気功家。大学卒業後、西洋医学外科医師として勤務し、多数の外科手術を執刀。外科手術後には中医学の知識と推拿、鍼灸技術などを活かし、臨床現場で活躍。9歳から武術(八罫掌、形意拳、太極拳等)に取り組み13歳から少年組にて連続優勝。21歳の時に大学武術大会優勝、23歳で中国全国伝統武術大会優勝をおさめる。来日後、中医学、西洋医学と武術、医学気功法を融合し、健康中心の仕事に従事。現在は武術教室、推拿施術・各種講座、中医学講師など、活躍の場を広げている。中国語のほか英語・日本語も堪能。
講師紹介 福島史郎(フクシマ・シロウ)

1967年東京都生まれ。米国ブリッジポート大学院カイロプラクティック科卒業。ニュージャージー州日系総合クリニック勤務。家庭医、内科医、足病外科医との統合医療を実践。在米日本人が選んだ名医ガイド、ニューヨーク便利帳などに紹介。在米歴14年。日本帰国後、臨床中医推拿塾修了。現在、東京中医学研究所にて東西統合手技を研鑽中。

▲ページトップ